記事リスト

マイホーム建築で必要な物

財布

サービス内容を確認しよう

新築一戸建てを買う時にほとんどの人が住宅ローンを申し込みます。金融機関によって展開するサービスも様々ですが自分に合った商品を選ぶ事が大切です。家を建てる時に、資金が手元にあまりない状態でもローン商品を組み合わせる事でしっかりと最期まで家を建てる事は可能です。一般的に、住宅ローンは建物が完成してから融資をされるという決まりがあります。そこでそれまでの間に必要な資金を自費で準備するか、金融機関から融資を受けなければいけません。つなぎ融資とは、そのような工事期間の間の資金を一時的に貸し出すという意味です。つなぎ融資の利息は、金融機関により違いがあります。できるだけ低金利で借りられる金融機関を調べておくと安心でしょう。フラット35は金融機関とは違い、国が住宅取得を目指す人の為に融資を行う機関になります。低金利で35年間固定金利という商品の為人気が高いです。しかし、フラット35の扱う商品にはつなぎ融資を実施していない機関もあります。つなぎ融資を使えるフラット35かどうかの確認をしておくことは大切でしょう。フラット35のつなぎ融資を利用する目的は、家を完成させるまでに、必要なお金を準備する為です。主に着工金や上棟金といった中間で発生するお金があります。これらの資金を融資するのがつなぎ融資の特徴といえるでしょう。諸費用は振込手数料などは実費となりますが、まとまったお金は不要です。手続きをするために各窓口へ行く必要があります。

Copyright© 2018 《効率的な計画》フラット35を利用してつなぎ融資も一緒に返済! All Rights Reserved.