記事リスト

住宅を建てる際の融資

電卓

どういった内容なのか

住宅ローンを申し込んだ際、実際に融資がおりるまで組めるローンを、つなぎ融資と言います。そもそも住宅ローンは、建物の引き渡しと同時に融資されるものです。そのため、中古物件や建売住宅などでない注文住宅の場合、建物の完成前に土地代や着手金が発生したが払えないということがあり得ます。つなぎ融資は、建物が完成するまでのまさにつなぎとなってくれるローンなのです。フラット35は、このつなぎ融資に利用できるのです。フラット35のつなぎ融資は、土地だけの購入では使用できません。土地を購入し建物の契約をした時点で、初めてフラット35の審査を受けられるのです。ちなみに、フラット35自体はつなぎ融資を受けることができません。そもそもフラット35は商品名なのですが、銀行や金融機関がフラット35を利用し、独自のつなぎ融資を行っているのです。フラット35の名前だけ聞くと、どこで申し込んでも同じなのだろうと思うかもしれません。しかし、金融機関によって金利や手数料は異なります。そのため、事前にしっかりと下調べをした方がいいでしょう。金融機関によっては、手数料無料のキャンペーンを行っていることもあります。ちなみにつなぎ融資のお金は、利息や手数料が差し引かれた額が振り込まれることになります。差し引かれた分の差額は自腹で払うことになるのです。きちんと差額を支払うことも考えておかないと、思わぬ出費で生活が苦しくなるとも限りません。注意しましょう。

Copyright© 2018 《効率的な計画》フラット35を利用してつなぎ融資も一緒に返済! All Rights Reserved.